育桜福祉会とは

社会福祉法人育桜福祉会は、養護学校の義務教育化が実施された1979年(昭和54年)から、当時、作業所を運営していた「川崎市精神薄弱者育成会」と「川崎アフターケアセンター」の両団体により法人化の準備が進められ、1981年(昭和56年)2月に神奈川県川崎市で設立した社会福祉法人です。
国際障害者年の1981年(昭和56年)4月に社会福祉法人としては、川崎市内で最初の障害者施設である「わかたけ作業所」を開設し、その後、川崎市の養護学校卒業生対策と連携して順次施設を整備してきました。
現在では、通所施設、入所施設、短期入所、グループホーム、ヘルパー事業所、相談支援センター、障害者福祉センター、障害者ふれあいショップ、生活ホーム運営センターなどの多くの事業を展開しています。
その中でも、2013年(平成25年)4月に開設した入所施設の「桜の風」では、障害者が地域で生活するための支援「社会生活プログラム」を通じて社会生活で必要なスキルを獲得し地域移行を目指す、新しい通過型の入所施設としての役割を果たしています。
また、2015年(平成27年)4月には「生活ホーム運営センター」を開設、法人内グループホームの管理運営の拠点とし、障害者の地域生活の充実に取り組んでいます。
そして、同年4月に法人として22年ぶりの通所施設として開設した「小向このはな園」は、川崎市の特別支援学校等卒業生対策と連携を図ると伴に、特に増加傾向の著しい新しい障害の方への支援の充実を目指しています。
現在、川崎市内の全区域において、34か所の事業を実施し、各施設、事業所の利用者数は550名を超え、職員数も約420名となる組織となり、障害者の多様なニーズに応えることができる幅広い福祉サービスの提供を可能としています。
【法人名称の由来】
法人設立の母体となった川崎市育成会の「育」と
川崎アフターケアセンターの運営する「さくら作業所」の由来である
川崎市立養護学校の校章の「桜」から名付けられました。
社会福祉法人 育桜福祉会【法人のロゴマーク】
わたしたちが大切にしている「人と人との心のつながり」を
K にハートをあしらうことで表現しています。
そして O の文字に「育桜」の桜と育む象徴の芽をデザインしました。
桜から新たな芽が育ち、これからの未来へ進んでいくという思いも込めました。